アクティブのブログ

長寿の時代のリスクって 藤沢店 倉地

投稿日: 2019年11月4日

皆さま【ポツンと一軒家】と言うTV番組をご存じですか?

日曜日の今人気の番組。私も早く帰れた日には母が楽しみにしているのでよく一緒に見ています。

山の中の一軒家を訪ねて、そこに住んでいる方の生活を垣間見るという内容です。

住んでいる方はもちろん色々な年代の方がいらっしゃいますが、多くが70代以上の方で、

よく見受けられるのが、定年退職後に山暮らしをスタート、あるいは実家を維持するために

Uターン、または週に3回くらい通いという方々です。

一般的にはお年寄りといわれるご年代で、DIY・畑での作業・収穫・山のふもとへ買い出し

などなど自分でなんでもこなしている方々ばかりで本当に感心します。

そしてお元気!肌艶も良い!受け答えも本当に現役世代のようです。

大病を患ったことがあったがその後も山に帰ったよ、と言う方も。

こういった生活は日常生活においては好みがはっきり分かれて一概にはいえませんが

引退世代の方の身体と脳に良い刺激が与えられていることは確かだと思って見ています。

実際、最近の米国における研究では、このような生活習慣の「あわせ技」で、認知症の症状が劇的に改善するケースがあると報告されているそうです

それでも、皆が山暮らしができるわけでもなく、脳に刺激を与える生活習慣も合わせて行っていたとしても

人は年齢とともに体も脳も衰えていくことは避けられません。

がん、心臓の病気のように医学の進歩で治癒が見込まれるものが増えてはきていますが

脳の認知機能低下には未だに特効薬はありません。

認知機能の衰えのリスクの第一に挙げられるのが、銀行でお金をおろせなくなる、ということは

ご家族が認知症を発症したときに経験したとよく聞くことです。

アフラックの医療保険【ちゃんと応える医療保険EVER】は認知症のリスクをカバー、

器質性認知症であると診断された時一時金をお受取りいただけます。

入院、がんのリスクのカバーだけで大丈夫ですか?

 

セミナー・イベント

株式会社 アクティブ湘南
代表取締役社長
平岡 幸子(ひらおか ゆきこ)

お客様と長いお付き合いをしていくためにはどんなことができるだろう、と日々考えております。

YOUR LONG
PARTNER

我々は保険を通じて、お客様の豊かで幸せな人生設計のお手伝いをしたく、いろいろな取り組み(保険隣接業界・イベント参加など)へも挑戦しております。

また、地域の多くの仲間(法人・個人)とも協力しており、広域で展開する同業他社の方とは違う差別化を目指します。

ご訪問も承りますので、お気軽にご連絡(ご来店)ください。